らくなおの生活術

会話がコロコロ変わる人必見!話のキャッチボール術を2つ紹介!

Sponsored Link

学習塾の塾長をしていた2年前に、人生で大きく悩んでいた問題がありました。

それは、

生徒や保護者と会話が続かないということ。

仕事の話はがあるので、できるんです。

結城
結城
好きな教科は?
結城
結城
一日どのくらいの勉強時間を作ってる?
結城
結城
将来、どんな学校を志望していますか?

などは、スラスラ話せるんです。

でも、元々がコミュニケーションが苦手な結城にとっては、自分から踏み込んだ話をすることが苦痛でしかなかったです。

そこで上手く関係を作るために、会話のキャッチボール術を作りました。

この内容は、実際の会話内で使えるテンプレートを用意しています。

知っているだけで、楽に会話をすることが出来る。

会話が苦手でどんな話をしたらよいかわからないって人にはおすすめしたいです。

created by Rinker
¥843
(2018/11/18 17:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

Sponsored Link

会話の型でコミュニケーションをとってみよう

会話をするのが苦手な原因のひとつにどんなことを聞けばいいのか分からなくなることが挙げられます。

相手のことを考えすぎて、会話の一歩目を踏み出せなるんです。

でも、相手に会話として”成立”していると思わせることが重要!

要は掘り下げやすい質問を続けることで、

質問⇒答え

の図は作れます。

そうなれば相手も聞いてばかりではいられません。

答えた後に“アクション”を起こすようになりますよ

これを繰り返すことで、

質問⇔答え

をお互いで続けるようになります。

相手から興味を持ってもらい質問されたら楽に答えられます。

その”仕組み”だけを作っておくことを頭に入れておくことでだいぶ楽になりますよ。

Sponsored Link

テンプレートを作ってラクしよう

実際に使ってたテンプレートを3つ紹介します。
といっても実際の状況で細かい部分は変わってしまいます。

なので、型と一緒に抑えるポイントも紹介していきます。

会話の焦点となるテーマを決めてみよう

外見から分かる内容を伝えてあげるのがベストです。

例を上げると

  • 持ち物
  • 服装
  • 体調

の3つは比較的話しやすい項目になりますよ。

特に体調は、よく見ていないと気がつけないこともあり、相手から質問を引き出しやすい内容でもあります。

結城
結城
〇〇さん、このところ暑いけど、熱中症の予防とかしてる?
女性
女性
水分補給は気を付けてますよ、結城さんは予防してますか?

と質問をしてくれるようになったり

結城
結城
〇〇さん、暑いね。体調崩してる人いるけど大丈夫?
男性
男性
暑くて汗だくですよ。体調は崩したくないので夏バテ対策してますよ。結城さんはしてますか?

という形で質問をしてみましょう。

・相手をみて質問をしてみよう
・体調や身に着けているものだとネタにしやすい

楽な言葉「どうして」を会話に入れてみよう

テーマを決めて話すことは質問にもつなげやすいので便利です。

でも問題が一つあります。

それは、話すことがなくなるとテーマを切り替えてしまうことがあります

例で挙げると

結城
結城
〇〇さん、このところ暑いけど、熱中症の予防とかしてる?
女性
女性
水分補給は気を付けてますよ、結城さんは予防してますか?
結城
結城
予防はしていますね。腕に着けている時計素敵ですね。どちらで買われたんですか?

という形です。

せっかく質問に答えてくれたのにテーマを膨らますことをしないのは失礼。

女性
女性
この人、私の話を聞いているのかしら…

となりかねません。(結城はこのタイプでかなりクセのあるタイプと噂されてました)

そうならないポイントが魔法のワード「どうして」

この言葉はそのままでは使いづらいのでアレンジを加えていきます。
バリエーションは様々!

  • どのようにして
  • どうやって
  • どんな(風に)
  • どこで
  • どんなときに

などの使い方をしていきます。

例を挙げると以下の通り。

結城
結城
〇〇さん、このところ暑いけど、熱中症の予防とかしてる?
女性
女性
水分補給は気を付けてますよ、結城さんは予防してますか?
結城
結城
予防は私も水分補給をしてますね。水分補給の時は○○さんは”どんな飲み物”を飲みますか?
女性
女性
スポーツドリンクを飲みますよ。結城さんは何を飲むのですか?
結城
結城
私もスポーツドリンクですね。スポーツドリンクは”どこで買ったり”しますか?

キーワードを膨らませるための質問をしていくことが大切になりますね。

「どうして」には2つの力があります

  • 相手に興味を持ち、深く掘り下げる力
  • 相手から次のテーマのヒントを話をさせる力

つまり、こっちの質問するテーマを増やしてくれる効果があるんです

相手のことを知るキッカケはささいな会話の中から見つかりますよ

・ラクな言葉「どうして」は相手に寄り添う印象を与える
・内容を掘り下げることで新たな発見ができる

会話の上達は実際に話すこと

結城
結城
よし!これでいつでも人と話すことができるぞ。

と考えて作るまでは良かったですが、うまくいきません。

それもそのはずです。

実際に行動しなかったんですよ。

学んだだけでは何も意味がありません。

失敗してもいいので実際に試してみてください。

やってみることで意識的に会話をするようになってきます。

ABOUT ME
結城直人
即レス即行動の勉強を教えたくない塾長が運営するブログ「らくなお」★塾内で実施していた付箋活用術を伝える付箋マイスターの一面もある★まじめさんアカデミー 学長★
らくなお ~人生を「楽」に「素直」に生きよう~

あなたの人生を「楽」に「素直」に生活できるように、ちょこっとのエッセンスを届けるサイトです。
生活、暮らし、お金などの情報を盛大に盛り込んだものをお届けします。